個性を活かそう!センスを伸ばそう!BECK 魅せるWebが運営するブログサイトです。ECで使えるマル秘テクニックや、売れる商品ページの考え方、作り方、商売についてなど、実際に売れたり反響があった事例なども交えて紹介します。
  音楽・歌  

思わず歌いたくなるオススメの曲 5選 パートⅡ

こんにちは。BECKのDX (デラックス) です。

1年ほど前に、「思わず歌いたくなるオススメの曲 6選」というブログを書いたんですが、

行く先々で、

「ブログ読んでオススメしてた曲ダウンロードしました!」

という声をチラホラ聞いたので、調子に乗って今回、パートⅡを紹介します。

 

※パートⅠの記事はこちら

 

パートⅠも珠玉の名曲ばかりですが、今回も「歌好きのオレが厳選する名曲」をピックアップいたしました。

 

ではさっそく・・・

 

ボーイズIIメン  The Color Of Love

 

ご存知男性4人組のコーラスグループ (現在は3人)

30代〜40代の男子、あるいは女子は、学生時代に彼らの歌や曲で涙を流した人も多いのでは無いでしょうか。

 

この曲は2002年に日本でも発売された「Full Circle」に収録された名曲です。

 

ボッツメン (ボーイズⅡメンの略称) といったら、全米ビルボードで未だに破られていないギネス記録を保持する、マライアキャリーとの「One Sweet Day」や「I’ll Make love To You」が有名ですが、ボクは断然こちらの曲派です。

 

90年代とは違い、2000年以降の落ち着き成熟したコーラスワークは悶絶です。

聞いているだけで、あと誰か3人連れてきて歌いたくなります。

 

ジョージ・ベンソン NOTHING GONNA CHANGE MY LOVE (変わらぬ想い)

 

 

お次はアメリカのギタリスト歌手、ジョージ・ベンソンをチョイス!

 

元々はジャズが専門の彼ですが、1984年に発表されたこの曲は、ボクの大好物のひとつ。

カラオケでも割と歌いやすいと思います。

日本ではラッツアンドスターの鈴木雅之さんもカバーしていますね。

 

中川晃教   I WILL GET YOUR KISS

 

 

確か、2001年くらいだったかな?この人が出てきたとき、

 

「バケモン並に歌うまいじゃんか!」

 

と思ったんですが、フェイクが多彩で上手すぎるあまり、ボクの家でトモダチたちと一緒にMステ見てたとき、

みんな失笑していましたが、ボクはそりゃもう、呆然と聞いていたのを覚えています。

 

若いときはこの曲をよくカラオケで歌ってましたが、今は無理です (笑)

 

今、何してるんでしょうかね〜

 

Skoop On Somebody 「ama-oto」

 

 

これはイイ曲!ホントにいい曲です。スクープの中で一番好きなのがコレです。

スクープは2000年代前半にsha la la などで有名になったアーティストですが、とにかく女の子が好きですね〜〜。スクープは。

 

そんな中でもこの「ama-oto」は確かケミストリーもカバーしてた気がします。
(オーディションのときに歌ってたんだっけ?)

ミスチルや米津玄師なども多様する「Cメロ」いわゆる転調がある曲なんですが、もうね、ボクも仕事で顧問先に移動しているとき、かなりの確率で聞いている曲です。

 

これも誰かあと1人連れてきて歌いたくなる。

 

Brian McKnight 「Back At One」

 

 

最後はコレです。絶対にコレは外せません。

とにかく聞いてみてください。1999年に発表されたこの曲、現代でもバリバリ通用する名曲です。

 

もう伴奏が始まっただけで、体が固まってしまうくらい好きです。

 

これも昔はめちゃめちゃカラオケで歌ってました。

 

日本でも彼を尊敬しているアーティストはとても多いと思いますし、ボクは彼のフェイスブックもフォローしていますが、たまに朝 (日本時間)、アカペラで生歌を投稿してくれるんですが、もうたまりません!

 

いかがでしたでしょうか?

皆さんも知ってる歌もあったかもしれませんし、知らない歌もあったと思いますが、
「歌いたくなる」縛りでボクの独断と偏見で選んだ名曲。ぜひ一度聞いてみてください。

ここにある曲は、洋楽ならApple Musicにもあったと思います。

 

ではまた!

 

BECK 魅せるWeb

https://www.beck-dx.com

人気の記事

イベントのお知らせ

こちらのイベントはご好評につき、満員御礼となりました



 

\ この記事が面白かったらシェアしよう! /



The following two tabs change content below.
アバター
BECKは三重県桑名市でWeb制作、EC顧問業、写真撮影などを行う企業です。 大手アパレルメーカーを経て2009年に前職の植木通販会社に入社しECと出会う。アパレル時代の「接客応対」スタイルをECにも活かせると思い、「魅せるWEB」にこだわる。 同社に在籍した9年間の中で、店長就任1年目で楽天市場店にて月商3000万、自社サイトにて年間流通高1億円を突破させ、その後、同社の売上高を3倍に成長させる。 マーケティング、売りたいモノを発信する仕入れ販売戦略、写真撮影、ブログ、HTMLメルマガなどのライティング、コンテンツ制作、人材育成など、中小EC企業の根幹的業務をマルチタスクでこなしてきた幅広い経験と検知から、商材を問わず、特にスタートアップ、月商1000万以降のステージの事業者さまへたくさんのことをお伝えし、一緒に考え、「魅せるWeb」をご提案します。