個性を活かそう!センスを伸ばそう!BECK 魅せるWebが運営するブログサイトです。ECで使えるマル秘テクニックや、売れる商品ページの考え方、作り方、商売についてなど、実際に売れたり反響があった事例なども交えて紹介します。
  デザイン  

敬老の日とランディングページ

夏が終わってしまいますね〜。

よく考えてみたら、梅雨で雨ばっかりなので、
実質、夏って1ヶ月も無いくらいなんですよね。

シャツを着る間も無く、半袖を着るのと同じで、


季節ものイベントもあっという間にやって来て、過ぎ去っていきます。

 

「おじいちゃん、おばあちゃん、元気かな〜。。」

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こんにちは!DX です。

 

Photo By AC

 

もうすぐ「敬老の日」ですね。

バレンタインや母の日などに比べて、どうしても「あっ!」という感じで ツイツイ 忘れてしまいがちですが、おじいちゃん、おばあちゃんの元気な顔を見に行く絶好の機会でもありますよね。

 

さてさて、そんな敬老の日ですが、顧問先の「マルハート」さんのLP (ランディングページ)をBECKで作りました。

 

 

※実際のランディングページはこちら

 

 

ランディングページ。

 

皆さんも聞いたことがある名前だとは思いますが、あまり意味を理解しないまま この言葉を使っているかもしれませんので、

念のためにランディングページについておさらいしましょう。

 

 

ランディングページとは?
マーケティングで、 “リードキャプチャページ”、 “静的ページ”、または “リンク先ページ”とも呼ばれるランディングページは、検索エンジン最適化検索結果をクリックすると表示される単一のWebページです。

 

省略して「LP」とも呼ばれますね。ちなみに余談ですが、LPなどの静的ページとは逆に、販売用のカートがついたページを「動的ページ」という呼び方をします。

 

横文字ばっかりで何だか難しいですね。

 

で!絶好調のマルハートさんが、今回からはじめて「ランディングページ」にて広告運用+特集の起点ページとしてプロモーションページをレスポンシブでLPにした〜い!とのことでしたので、ひと肌脱ぎました!

 

デザインも当然大切ですが、LPにおいてボクが大切にしていることは・・・

 

① 何の特集 (コンテンツ) か、ひと目見てわかるかどうか?

②PCとスマホ (タブレット) などのデバイス別の表示を意識しているか?

③売りたいものと、売れてるものをしっかり見せているか?

④広告運用も考えた単一ページ設計ができているか?

⑤使いやすいか?見やすいか?

⑥キャッチーであるか?

⑦見てて楽しいか?

 

とまぁ、ざっと上げるとこんなところです。

 

 

PCや大きいサイズのモニタで見たときのインターフェースです。

ランディングページで一番見てても触っててもイライラするのが、「リンク遷移の多さ」です。
このランディングページで用事を完結させたいので、ボクは「ページ内アンカー」を採用しています。

 

で、PCで見たとき、モニタが大きいので右側や左側にナビゲーションがあっても、中身のコンテンツを邪魔しないように設計することも大切です。コンテンツと被ってしまっていては、本末転倒なので、メディアクエリなどを使って出し分けをしたりします。

 

続いて、スマホデバイスのとき・・・

 

 

PC時とは また違ったインターフェースですね。横にあったナビゲーションは非表示となり、代わりにフッター (ページ下部) にナビゲーションが表示されています。

 

ランディングページと言っても、様々なデザインのものがありますが、売りたい気持ちばっかりが先行していると、「使いやすさ」や、「使いづらい理由」を見落としがち。顧客の視点に立ち、「どうすれば見やすいか?」「ストレスを軽減できるか?」を頭の中でイメージし、画用紙などにまずは手書きで書くと良いです。

 

で、最も大切なのが、「お得感」「限定感」、そして「見ていて楽しいページ」というのも忘れないでくださいね!

 

 

※マルハートさんの「敬老の日」LPはこちら

 

 

ではまた!

 

BECK 魅せるWeb

https://www.beck-dx.com

人気の記事

商魂ゼミとは?

短期間で「魅せるWebページ、商品ページ」が作れるようになるメソッドを余すことなく伝授します。Dreamweaver,Photoshop,HTML,CSSなどの基本から応用、LPO,ライティングのコツなど、ゆったりとした空間と完全個別指導だから、短期間で「自力」が身につきます。

詳細・お申し込みはこちら



 

\ この記事が面白かったらシェアしよう! /



The following two tabs change content below.
アバター
BECKは三重県桑名市でWeb制作、EC顧問業、写真撮影などを行う企業です。 大手アパレルメーカーを経て2009年に前職の植木通販会社に入社しECと出会う。アパレル時代の「接客応対」スタイルをECにも活かせると思い、「魅せるWEB」にこだわる。 同社に在籍した9年間の中で、店長就任1年目で楽天市場店にて月商3000万、自社サイトにて年間流通高1億円を突破させ、その後、同社の売上高を3倍に成長させる。 マーケティング、売りたいモノを発信する仕入れ販売戦略、写真撮影、ブログ、HTMLメルマガなどのライティング、コンテンツ制作、人材育成など、中小EC企業の根幹的業務をマルチタスクでこなしてきた幅広い経験と検知から、商材を問わず、特にスタートアップ、月商1000万以降のステージの事業者さまへたくさんのことをお伝えし、一緒に考え、「魅せるWeb」をご提案します。